プロフィール

藤田まゆみ プロフィール

寝装図案、風呂敷会社企画部、グラフィックデザイン(印刷)会社に勤務の後、結婚後、水彩画、デッサンの絵画教室「アートStep」主宰。おもしろい・わかりやすい・やさしい・きびしい指導を展開中。教室に来る美大受験生を毎年全員合格させている。エコアート研究所美術指導、なんばデザイナー学院DTP指導経験あり。絵画教室での指導の傍ら、癒しのパワーに満ちた作品を制作する

ヒストリー

  • 1995~2001年 グループ企画展を大阪で開催10回
  • 2000年、アートヒーリングに出会い、アートと癒しのかかわりに触れる
  • 2002年、「ヒーリングアートをどんどん描いていってください」と霊能者にいわれ
  • 2003~2006年 「光の水彩画」などの個展開催
  • 2005年10月東京すぴこん、2006年1月岐阜すぴこんのチラシに「Home of Heart」採用
  • 2006年3月 画集「いつか飛ぶ日のために」制作
  • 2006年10月 画集がアマゾンやe-honにアップされる

まゆみんアートとはどんな仕事?

あなたは日々、どんな空間でお過ごしでしょうか?サロンにいる間、家にいる時間など、その空間は知らないうちにあなたのエネルギーや心理に影響を与えています。
まゆみんアートは、みずみずしい発色の水彩画で、絵が置かれた場所に清々しいエネルギーを
お届けします。
心の通い合う絵はごらんになる方のココロを癒したり、絵を見てご自分の迷いから一旦離れ、新しい視点で考えることを促すとか「ここで一歩踏み出したい」「過去ばかり見てきた自分とさよならして、未来に希望を持ちたい」などの想いを後押しします。

その人の望みを強化し「悩みを払拭する」「その人が常にあるべきところに還る」絵を描いています。

どんなお客様が多い?

看護師、アロマ、エステ、占い、スピリチュアルカウンセラーなど、癒しの仕事に関わっている方、癒しや不思議に興味のある方が多いです。

絵を置くことで浄化される?

日常の中に心をかき乱されることはたくさんあり、人はつい何とかしようとして問題にとらわれてしまいます。
問題にとらわれている間は、人は明るいほうを見ようとしませんが、そこに絵があると、ただ何となく見つめているようでも、その絵からイメージやメッセージを受け取っていますし
目に見えないけれどその絵があることで作り出されている場に、身をおいていることで、明るい方向に向かうきっかけを掴んでいたりします。

これは私の個展に来られた方の話ですが、その方は、少し急いでいる様子で「昨日気になっていたあの絵が欲しいんです。」といわれました。それは、「薔薇の虹」という絵でした。

「昨日は、素敵だな~とは思ったけど自分には買えないな~、縁が無いな~と思っていたんです。」

「それで一旦帰ったんですが、夢の中にあの絵が出てきて。無くならないうちに来なくちゃと思って。」

「ああ!それで急いでこられたんですね」
そして、嬉しそうに絵をお持ち帰りになりました。

この方は、なぜこの絵に惹かれたのでしょうか。もちろん、薔薇や虹の色が美しくて、ということもあるでしょう。そしてもしかしたら、もう失われた潜在意識のどこかに薔薇や虹の色が大好きだった友達や家族との懐かしい記憶があり、それが絵を通して呼び覚まされたのかもしれませんね。そして、この人は絵を手に入れることで、自分では気づけなかった傷やトラウマを癒し、浄化された、ということかもしれません。

ご自身が共鳴する絵にはあなたを癒すパワーがあり、またスピリチュアルな見方をすれば、あなたを癒し、喜ばせたいと思う精霊や守護霊の導きによってその絵に出会った、とも言えるかもしれません。そして、あなた自身が浄化されればそれは自ずとまわりにも良い影響を与えます。

そもそも「美しいと感じることが幸せ」なのかもしれません。「美しい」は、ポジティブなエネルギーです。あなたの内側から「美しい」と感じるポジティブなエネルギーを引き出す。
私は、そんなお手伝いをさせていただいています。

なぜ、今の仕事をしてるの?

ポイントは三つあります。

ひとつは、小さい頃から絵を描くのが好きで、美大を卒業し、寝具の柄を描く仕事や、印刷物のデザインをする仕事に就きました。

ふたつめは、人の相談につい、真剣に答えようとする私の性格があります。

みっつめは、父が不思議なことが大好きで、私も父の経験から面白そうな話を聞くのが好きでした。

そして芸術療法やヒーリングアートの存在を知り、自分でも友人達と体験会などしていくうちに、これを作品として描いてみたらどうか、と思い立ちました。それまでは、目の前にあるものや写真を見て描くデッサンの延長のような作品でしたが、描き始めると…… 今までとまったく違う素敵な作品が現れたのです。

描きながら、私は思い悩む友人や知人が、結ぼれた精神状態から緩やかにほどけていき、曇り空に光が射し込んで来るように、または硬く閉じたつぼみがゆっくりと花開いていくようにと、いつの間にかイメージしながら…… 描いているのです。ただ、すばらしい色の世界の中に、なんだか頼りになる形が欲しくて、絵の中に白い翼を入れました。
これは「父と子と精霊はひとつである=三位一体説」とは、自分自身が神と同等であり、光る存在であるというイメージを私が聞いたのがまだ中学生くらいで、「光る体」をイメージするのが難しかったので、小さな翼を背中にイメージすることに置き換えてみたんです。
始めのころは、芽が出始めた葉っぱのように小さいものでしたが、事あるごとにそのイメージを大きくしていき、今では家が包めるほどになりました。といっても、私のイメージの中だけなので、誰にも見えません。(笑)

絵の中にこの翼を入れて、描き始めたのが2000年。友人のスピリチュアルサイト、フェアリーブルーで扱ってくれたので、ご存知の方もあるでしょう。今はそれぞれに独自の道を歩んでいます。

何年間か翼を描いてきましたが今は、龍が来ているようです。いえ、龍を描く時期が来ているというのでしょうか。

お仕事で嬉しい時って?

まずは、やり取りの中から向かうべき方向が見えてくるだけで、嬉しくなりますね。見えてこないときもありますよ。そういう時は、その人の存在を感じつつ、手を動かします。よく、「天に委ねる」と言われる状態ですが、仕上がってくると、ああ、これなのか。というのがわかるんです。それが魂の喜ぶ方向。

制作そのものが楽しい。そして、描くと、焦っている気持ちが落ち着きます。描きながら、ああ、自分は何がここに必要なのか?を感じ取ることができる。知ってる。と思うときも、不思議で楽しい気持ちになりますね。そしてやはり、お客様が制作したものを予想以上に喜んでくださる時ですね。自分が工夫したところを汲み取ってくださったり。

実は、思わぬエピソードが生まれることが何度かあります。
加工した画像が天使のように見えたり、絵を置いていてこんなことがあった、と不思議な後日談を聞かせていただいたり、そんなエピソードは、嬉しいというよりは、面白~いです。

オススメポイントは?

私は水彩画のみずみずしさが好きですね。水彩絵の具もポスターカラーやアクリル絵の具が馴染みがありますが、私が使うのは透明水彩絵の具です。粒子が細かく、重ねた色が透けて見えます。絵の具が伸びる時、広がる時の美しさ。にじみやぼかしが思いがけない効果を出してくれるので、それに助けられている、というのもあります。

お客様には、何が喜ばれていますか?

友人によると「出来る限り、お客様のニーズに添ってあげようとするところ。勿論、画家を含む芸術家は、善きも悪しきもマイワールドがあり、そのこだわりは、一般人の方より強いはず。
藤田真由美には、お客様に何かこだわりがあれば、芸術家として、自分のポリシーを曲げてでも、欲しい物を欲しい方にあげれる柔軟性があります。又、お客様が納得できるまでお付き合いする根気も有ります。」

「藤田の作品には、全て物語があるということ。絵一枚でもそうだし、グラフィックなんかで、ホームページやロゴなど作成する時でも必ずストーリー性をもつ。ここは、何故この配置になっているのか、其の意味は?など。」

長く親しんで来た、正しいスピリチュアルの知識を元に、そのクライアントさんにとって、最も必要なエネルギーを作品に入魂する底力がある。そして、特定の宗教法人や団体には属していない。

フォローする